Re島からのお知らせINFORMATION

  • HOME
  • 『Re島BOOK』の完成のお知らせ

『Re島BOOK』の完成のお知らせ

2017.03.08 (WED) Re島

Re島プロジェクトチームが島で感じたいろんな感情が、本になりました。

店頭やRe島内で見かけた方はぜひ手に取ってみてください。

取材班からのコメントを紹介します!

Re島BOOKは、この一年以上取り組んできたRe島プロジェクトの一つの集大成です。
 
Re(再発見、再提案)がテーマなので、そのためには、自分たちがReを発見しなければと取材を重ねました。取材を通じて痛感したのは、島は景色も素晴らしいし、食べ物もおいしいけど、いちばんおもしろいのは「人」だということ。
 
だから、人に会って、人に話を聞いて、ということを丹念に丹念に続けました。話を聞いていると、ついつい時間が長くなって、つぎの人を待たせてしまったり。島で出会った方たちには、たくさん良くしてもらって、本当に感謝です。
 
そうやって、島の人から見聞きしたことを、文章にし、写真にしています。だから、このRe島BOOKは、島で出会った方たちの言葉や目線や気持ちを発端にしてできています。まさにRe島生まれのRe島BOOKです。
 
写真を撮ってくれたのは、西山勲さん。西山さん自身が、いま熊本の島に住んでいます。西山さんの写真は、これまで島を写した写真とは違う、それこそReな魅力を引き出していると思います。
 
島で取材中に気づいたのは、何度も通った、何でもわかっているつもりの場所でも、行くたびに新たな発見があることです。
 
海岸の砂が、じつは小さな小さな貝でできていたこと。季節によって、海岸で聞こえる音が違うこと。潮の満ち引きによって、景色ががらりと変わること。
 
だから、離島には何度も行って、季節ごと、時間ごとにちがう表情や音や雰囲気を感じて欲しいと思います。

ページトップヘ