Re島ブログPICK UP

  • HOME
  • <番外編>福岡県民の心のふるさとへ |ぱぱいや(対馬)#18

<番外編>福岡県民の心のふるさとへ |ぱぱいや(対馬)#18

2017.02.16 (THU) 対馬 東京女子旅

ついさっきまで対馬の絶景を眺めていたのに、
30分で福岡空港に着いてしまった!

東京への乗り継ぎ便まで2時間弱ある。
なにしよう…と思っていたその時。

同じ便に乗っていたI氏が私に聞く。

「福岡のソウルフードを食べてみませんか?」

そうるふーど?
アメリカでいうと、ホットドッグとか、バーベキューとかあるけれども。
福岡のソウルフードって?

とりあえずタクシーに乗り込んでお店へ向かうと、
5分後に「牧のうどん空港店」に到着する。

そう、福岡のソウルフードといえばうどん
なんと“うどん発祥の地”なのである。

「牧のうどん」は地元民から長く愛されている3大チェーン店のひとつ。
ラッキーなことに、お昼前ですんなりと入ることができた。

I氏によると、福岡ではうどんと「かしわご飯」を一緒に食べるのが主流らしい(かしわご飯=混ぜご飯)。炭水化物on炭水化物…アメリカ人が好きなやつだ!

メニュー名と料金が書かれた伝票に書き込み、注文する。

Re島PROJECT『東京女子旅』さん(@retochan.girl)がシェアした投稿 -

定番メニューの「ごぼう天うどん」。 ここの特徴は、「固麺・中麺・柔麺」が選べること。

Re島PROJECT『東京女子旅』さん(@retochan.girl)がシェアした投稿 -

ごぼう天がカリカリしていてやみつきになる。
麺もたっぷりでかなりのボリューム。

しかも、やわらかいから汁を吸収してどんどん増えていく。
自由に足せるスープを自由に吸う麺。
これは底なし…かしわご飯にたどり着く前にすでにお腹が…。

と思いきや、あっというまに完食。

 

愛称は「マッキー」。

空港が目の前に見えるのに、福岡のうどん文化をプチ体験できた。
今度は、福岡も旅するけん!ごちそうさま~。

(つづく)

ぱぱいや (対馬)

ぱぱいや (対馬)

NYで生まれ育ち、18歳から日本でひとり暮らしをはじめる。今のところアメリカ生活のほうが長く、ハーフじゃないのに気持ちはハーフ。旅はひとりよりふたり派で、大学時代は月一でおばあちゃんとバスツアーへ。
ぱぱいや(対馬)の記事一覧

ページトップヘ