Re島ブログReto-Channel Blog

漁師が釣りあげた魚をかけて毎日が真剣勝負…!イカとマグロの港、壱岐勝本の競りへ

  • はてなブックマークに登録
  • Pocketに保存する
  • LINEに送る

壱岐島へきたら、やはり食べずにはいられないのが刺身やお寿司などのお魚グルメ。今回は、そんなお魚がどこからやってくるのか? 美味しい魚が集まる島の背景に迫るべく、壱岐島北部にある勝本漁港の「競り」を訪ねました。

壱岐島へのアクセス情報はこちらから >>
(取材・文 壱岐島ライター 渡辺菜津美)

船がたくさん並ぶ勝本漁港は壱岐島のなかでも大きな港。
ここに、今回訪れた競りを行う勝本町漁業協同組合があります。

勝本漁港は港の大きさだけでなく、日本でも有数のイカとマグロが多く揚がる港としても知られています。

中でもスルメイカの競りは、漁獲量の多さから、全国各地の競りの中で最も早い時間に「競り(せり)」が行われ、勝本でつけられた値を基準として各地での競りが始まるのだそう。

勝本漁港の競りは、「魚」と「イカ」の1日2回。シーズンごとに種類は変わっていきますが、時化(しけ)などの日を除き、1年中行われます。

扱われる魚種はさまざまですが、イカのほかにはブリやマグロが有名。なかでもマグロは「東の大間、西の壱岐勝本」と言われるほど。マグロ好きであれば「壱岐勝本」の名を目にしたことがあるかもしれません。

今回、取材の機会をいただき、そんな壱岐勝本の競りを訪ねてきました。

ぐっと冷え込んだ冬の朝。午前6時でもまだ真っ暗な勝本漁港で、威勢のいい掛け声とともに、魚の競りが始まりました。

夜明け前から慌ただしく動き出す市場にずらっと並ぶ、ブリ、ヒラマサ、クエといった魚。

そんななか、ひとり半袖で現れたのは、競りを仕切る役割を担っている「競り人」。威勢のいい独特の言い回しで、あっという間にひとつひとつ魚に値段をつけていく姿は、かなり迫力があります。競りを終えるころには真冬でも汗をかくそうで、半袖がいつものスタイルなのだそう。

魚の競り人を務めるのは、勝本出身で「海が好き」「魚が好き」という思いから漁協に入ったという、競り人歴4年の有田悠人さん。聞き取れないほどの独特かつ途切れなく響き渡っていく掛け声には、競り人それぞれのスタイルがあるそうで、最初はかなり練習したのだとか。

値段の相場はあるといいますが、「仲買さんとの駆け引きでは熱意やリズムも影響することがあります。日々、漁師さんのために高く売りたい、という思いで臨んでいます」と有田さん。

仲買人の目利きで買われていく魚は、競りが終わるとすぐに、そのほとんどが島外へ向けて出荷されていきます。

魚の競りが終わり、だんだんと空が明るくなってきたころ、続いて行われるイカの競りに向けて、漁船が続々と荷下ろしを始めました。

近年はイカの不漁で、漁師さんの苦労が続いているといいますが、それでも、この日はスルメイカが2,000箱。多い日では5,000箱以上もの水揚げがあるといいます。

1箱に20~25杯のスルメイカが詰められた箱が、ずらっと積み上げられ並んでいるのは圧巻です。つい5年ほど前までは、この何倍もの数があったというから驚きです。

午前9時。競り人の掛け声を合図に2回目の競りが始まります。

ひとつひとつの魚に値をつける魚の競りに対して、スルメイカの競りは競り人を囲んで一度に行われます。多い時は何トンも(!)、金額にして何百~何千万分(!)が動いていくという競りは、一瞬一瞬がまさに真剣勝負。

そんな競りの瞬間は、売り手にとっても、仲買人にとっても緊張の瞬間といいます。毎回、競りに臨む前に精神統一を図るべく、アスリートのように決まったルーティンをこなして臨むという方も。

あっという間にすぎる時間、見ている私も息が止まりそうなほどの緊張感が漂っていました。

「市況を読んで、読み通りの競りができると嬉しい」と話すのは、この日、スルメイカの競り人をしていた大久保徹さん。競り人歴10年の大久保さんは「漁師さんから預かった魚をひとつひとつ大事に売ること」を大切にし、日々の競りに挑んでいるといいます。

私たちが味わっている、壱岐島自慢のおいしい魚には、自然を相手に漁をする漁師さんをはじめ、競り人や仲買人と、たくさんの人の想いが重ねられているのだと感じ、気づかされました。

一般の人は、市場では直接、魚を買うことはできませんが、目利きの仲買人が買い付けた魚は、島内の魚屋やお宿、居酒屋で楽しむことができます。

勝本にある「港町酒場あかり屋」さんでは、魚にこだわる店主さんが仲買人も行っているので、その日の競りに並んだ魚や、珍しい魚種を楽しむことができます。ぜひ美味しい魚を味わってみてください。

<港町酒場あかり屋 こだわりのお魚と焼き鳥のお店>
住所 勝本町勝本浦318
電話番号 0920-40-0003
営業時間 18:00-23:00(L.O.22:30)/ 水曜定休日

今回、取材させていただいた勝本町漁業協同組合は、通常は競りの見学をされていません。ですが、漁協のすぐそばには、以前のブログで紹介した絶景ビーチや迫力満点の崖がある無人島へ行く「辰の島遊覧船」の乗船所がありますので、詳しくはこちらの記事をご参照ください

ぜひ、足を運んで活気ある漁師町、勝本の雰囲気を感じてみてくださいね。

<辰の島遊覧船>
※個人・グループは予約不要
お問合せ 0920-42-2020(勝本町漁協観光事業)
ホームページ https://www.kankai.net/jf-k/page/tosen.htm


この春、Re島へ出掛けませんか?

「壱岐の自然に癒されませんか?鮮やかな壱岐ブルーがひろがるビーチの散策や水平線に沈むサンセットは最高!」(壱岐島ライター 渡辺菜津美)

>> ご予約はこちらから♪

●Yahoo!トラベル
「九州の離島を楽しむ旅 Re島特別プラン販売中」

●るるぶトラベル
「福岡からRe島へ行こう!」

●じゃらん
「福岡からRe島へ行こう!」