Re島ブログReto-Channel Blog

年間200以上!3〜4月はほぼ毎週開催される「壱岐神楽」。神々の宿る島・壱岐の伝統文化を体感しませんか?

人気都市・福岡を訪れる人も、福岡に暮らす人も意外と知らないのが「福岡市は離島も近い」こと。福岡を楽しむみなさんにお届けしたい、福岡市内から直行できる離島の魅力を、島に暮らす地元ライターが紹介します。

(取材・文 壱岐島ライター 渡辺菜津美)

年間200以上のお祭りで奉納される「壱岐神楽」

「神々の宿る島」といわれる壱岐島は、福岡市内から約1時間。

訪れると心がクリアになりそうな、パワースポットといわれる神社や大自然のスポットも数知れず。今回は、古事記にも登場し神話とのつながりもある壱岐に古くから伝わる、「壱岐神楽(いきかぐら)」をご紹介します。

島に伝わる、神職のみが舞い奏でる「壱岐神楽」

壱岐の伝統といえば「壱岐神楽」です。

なんと、壱岐島で室町時代よりも前から大切に受け継がれており、国の「重要無形民俗文化財」にも指定されています。

「神楽」は、文字のとおり神さまを楽しませるために奉納されるもの。

日本各地に神楽はありますが、壱岐のように神職によるものは全国でもなかなか見られないようです。

島内で、大小合わせると年間200以上ものお祭りのときに神社の境内で奉納され、すべてのお祭りの舞や太鼓と笛による音楽と唄は約25人の神職によって奉じられます。

地元の人々にとって壱岐神楽は身近な存在で、芸能というよりも信仰のひとつの形として身近にあるもの、という風に島の暮らしの中で感じています。

アクロバティックな動き、三刀流の舞

「古事記」の神話のなかで、天照大神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸に引きこもった際に、女神が舞い岩戸から出るきっかけに舞ったことが「神楽」のはじまりといいます。

壱岐神楽は「古事記」の物語に沿って全部で35もの演目があります。

神楽は規模によって舞われる演目はそれぞれですが、ひとつひとつに物語や意味があり、意外な動きが組み込まれているものもあります。

必見の演目を3つ、ご紹介します。

ふたりの神主さんによる「神相撲」の舞は、想像以上に激しくて迫力満点!思わず見入ってしまいます。

肩車したかと思えばくるりと体を翻したり、側転のように体を回しあったり。アクロバティックな舞は、神々の間で楽しまれたとされる力比べを神前で舞い、無病息災をお祈りしています。大大神楽で見ることができます。

口に剣をくわえ、両手それぞれに剣を操る姿がなんともかっこいい「二剣(にけん)」の舞。

まるで映画とか漫画のなかの世界観のようです。剣の霊威をたたえ、邪気を切り払うことで災いを払う意味があるという「二剣(にけん)」の舞も大大神楽で見ることができます。

そして、「八咫烏(やたがらす)」。
お面が使われる演目はいくつかありますが、どんな規模の神楽でも舞われるのが「八咫烏(やたがらす)」です。

サッカー日本代表のシンボルとしても知られる八咫烏ですが、日本神話のなかで神武天皇の道案内のために遣わされたとされる3本足のカラスの舞です。昔から受け継がれているという、迫力のある壱岐の神楽面も見どころのひとつ。

他にも、壱岐の色を感じる大漁祈願の「漁舞(りょうまい)」や、もち撒きもある豊作祈願の「豊年舞(ほうねんまい)」などがあります。

演目の詳細は「壱岐市観光サイト ー神楽」からご覧いただけます。

気軽にたのしめる島の伝統、壱岐神楽

神社のなかに地域の人々が集まり、神職によって奉納される壱岐神楽ですが、気軽に見に行くことができます。

年に1度、観光としての大大神楽も開催されていますが、私としては壱岐の伝統や神社の厳かな雰囲気の中で、地元のひとが集い奉納される神楽がおすすめ。

子どもから大人まで盛り上がるもち撒きなどもあるので、ぜひ参加してみてくださいね。

地域の大切なお祭りですので、観光として訪れる際はマナーを守って見に行きましょう。途中の出入りや、写真の撮影などは大丈夫だそうです。

3〜4月はほぼ毎週、10月、11月、12月はほぼ毎日、島内どこかの神社で開催されています。

神々の宿る島にきたら、観光や神社めぐりだけではなく、壱岐でしか観ることができない伝統の壱岐神楽を体感してみるのはいかがでしょうか。

 

<壱岐神楽の4つの分類>

幣神楽(へいかぐら)         :約1時間                    
小神楽(しょうかぐら)      :約2時間
大神楽(だいかぐら)         :約5時間            
大大神楽(だいだいかぐら):約8時間

 

<大大神楽(年2回開催)の開催時期>

・8月の第1土曜日  石田町・筒城(つつき)ふれあい広場
・12月20日 芦部町・住吉神社

壱岐神楽の詳しいスケジュールは、壱岐市観光連盟0920-47-3700へお尋ねください

 

<参考情報>

壱岐市観光サイト ー神楽   http://ikikankou.com/shrine/kagura/

壱岐観光ナビ(壱岐市観光連盟) http://www.ikikankou.com/

壱岐なび https://iki-navi.jp/