Re島ブログReto-Channel Blog

初心者から玄人まで。釣り人の聖地・五島列島で釣りを楽しもう!五島市の釣りスポットをご案内

人気都市・福岡を訪れる人も、福岡に暮らす人も意外と知らないのが「福岡市は離島も近い」こと。福岡を楽しむみなさんにお届けしたい、福岡市内から直行できる離島の魅力を、島に暮らす地元ライターが紹介します。

(取材・文 五島市ライター 橋本賢太)

釣り人あこがれの地、五島列島で釣りを楽しもう!

五島列島は釣り好きなら誰もが知る釣りの名所。今回は「釣りをしたことがない」という初心者の方にも参考にしていただける、五島市の釣りをご案内します。

初心者におすすめ「防波堤」

初心者の方におすすめの釣りスポットは何と言っても防波堤です。

五島には島のいたるところに防波堤があるので、宿泊先の宿の近くなど、アクセスしやすい防波堤で釣りに挑戦されることをおすすめします。

防波堤からはアジやクロダイ、メジナなどの小型の魚を釣ることができ、夏から秋にかけては、イシダイなども釣れることもありますよ!

特にアジは年中釣れる魚ですので、初心者の方はまずアジ釣りから始めてみると釣りの楽しさを実感できるかと思います。

中級者におすすめの「磯釣り」

防波堤での釣りに慣れてきたらお次は磯釣りです!

磯釣りは大物を狙いたいときにおすすめ。足元が岩場ですので、磯靴を着用し、安全な格好で行かれるようにしてください。防波堤とは違い、ケガをしてしまう可能性も高まりますので、十分注意してください。

磯釣りでは、すぐ釣れることもありますが、なかなか釣れないままいつの間にか時間が経ってしまうこともよくあります。時間には余裕を持っていくことをおすすめします。

釣りに出かける時間帯は、潮の状況を見ながら、好きな時間に行っていいと思いますが、ベテランの釣り人たちは、明け方から昼過ぎまでの間に出掛ける方が多いようです。

上級者なら「瀬渡し」「船釣り」

さらに、釣り上級者を目指される方は「瀬渡し」や「船釣り」に挑戦されてみてはいかがでしょうか。
瀬渡し 瀬渡し船の予約を取り、沖に点在する無人島や、岩礁地帯に船で連れて行ってもらい、釣りを行います。
船釣り 船長が船で釣りスポットまで案内してくれます。その釣りスポットにあった仕掛けやエサを選び、船の上で釣りを行います。
瀬渡しや船釣りでは、同じ船に乗り込んだ釣り好きの方々とお話しできることも多々あります。上級者の方から大物を釣り上げるコツやたくさんの技術を吸収し、ご自身のスキルアップにつなげていただくこともできます。
釣り仲間ができると、最近よく釣れている魚種や、どこの釣りスポットがよく釣れているのかなど、お互いに情報共有しながら釣りを楽しむことできるようになります。ぜひ、釣り仲間を増やして、楽しい釣りライフを送ってください。

釣った魚の処理はどうする?

旅の最中に釣った魚でも、上手に処理をしておけば、持ち帰ることもできます。

おすすめは釣った魚のエラをすぐに切って血抜きをし、氷を入れたクーラーの中に入れて冷やしておく方法。その日のうちに持ち帰って食べるなら、新鮮な状態で食べることができます。

五島市には釣った魚を料理してくれるお宿もあるので、宿泊先に相談してみるのもおすすめです。

ご自身で釣った魚は、きっと格別の味だと思います。

五島市の公式ホームページには釣り宿情報釣具店情報も掲載されていますので、五島市の釣り旅行を計画される方は、ぜひご参考ください。

ちなみに夏の五島では、こんな風に面白い釣りを楽しんでいる子どもも見かけます。子どもの想像力は無限大(笑)。

みなさんもぜひ、釣り人の聖地・五島での釣りを楽しんでみてくださいね。
五島市で釣れる魚 グレ(メジナ)、チヌ(クロダイ)、クエ、クロ、イサキ、マダイ、イシダイ、ハタ、アラカブ、キス、カレイ、カンパチ、スズキ、ヒラマサ など
釣りの道具 釣り竿、釣り糸、リール、仕掛け、クーラーボックス、エサ(ルアー)、ライフジャケット など
注意事項 ・釣り禁止の看板のある場所や、釣り禁止エリアでは釣りはお控え下さい。
・路上駐車や海へのごみのポイ捨てなど迷惑行為はお控え下さい。
・釣りの際はライフジャケットを着用してください。